30代で転職するための5つのステップ

30代で転職するための5つのステップ

30代で転職するための5つのステップ

 35歳転職限界説なるものが以前は存在しましたが、最近では35歳以上で転職した人も増えてきました。

 

 今後人材の流動化が進むにつれ、転職はより身近なものになるでしょう。これからは誰でも転職についての情報が必要な世の中になってくるかもしれません。

 

 そのため転職を考える30代はもちろん、転職する予定がない30代でも、転職するために必要な5つのステップは知っておいて損はありません。

 

 いざ転職!というときに慌てないためにも知識として持ち合わせていると心強いですよ。

 

30代で転職するための5つのステップ

 

1.転職活動前に己を知る

 

 転職を成功させた人たちの共通点は己を熟知していること。もちろんそれまでのキャリアや実績が高い人であれば転職活動も楽勝で進むでしょうが、それと同時に己を知れば最強です。

 

 自己評価がきちんとできていれば、自分に適した業界・職種へ進む確率が高まり、自然と結果を残しやすくなるからです。

 

 意図せず適性に合わないポジションに配属されても、己を知っていれば対処もしやすくなります。ですから転職を考えるのであれば客観的な目で自己評価をすることから始めましょう。

 

【関連記事】

 

30代で転職するための5つのステップ

 

2.転職に必要な情報を集める

 

 働いている人であれば、少なくとも一度は就職活動を行った経験があるでしょう。

 

 しかし景気動向や社会的背景などで年々就職・転職活動は変化しています。幸い現代はネットで最新情報を得ることができますから、いま旬の転職情報をネット上で集めましょう。

 

 お勧めは「リクナビNEXT」や「リクルートエージェント」などの大手企業が運営するサイトです。情報豊富で始めて転職活動を行う人でも安心して情報が集められます。

 

【関連記事】

 

30代で転職するための5つのステップ

 

3.求人探しはタイミング

 

 世の中には思いのほか多種多様な求人が出回っています。しかし自分が希望する求人がタイミングよく出てくるかは判りません。

 

 気になる求人を見つけたものの既に他の人に決まった後だったなんて話もよくあります。やりたい仕事がはっきりしている人は、今の仕事を続けながら掘り出し求人がでるのを気長に待つのも良いでしょう。

 

 ですから転職を少しでも考えたのなら、求人探しだけはすぐにでも始めましょう。

 

【関連記事】

 

30代で転職するための5つのステップ

 

4.書類審査と面接試験

 

 気になる求人に出会えたら、迷わず履歴書を提出しましょう。なぜその会社に応募したのか書類にも記載すると効果的です。

 

 忙しい社会人でも、履歴書用の写真と履歴書の記載には時間を割きましょう。30代にもなってインスタント写真で済ませていては重みがないのでNGです。

 

 面接まで進めたら、あとは堂々と胸を張って挑みましょう。30代ならではの落ち着きをアピールする必要があります。そのためにも事前に聞かれそうな質問事項への答えは考えておきましょう。

 

【関連記事】

 

30代で転職するための5つのステップ

 

5.退職、そして新たなステージへ

 

 見事内定をもらえたら、すかさず退職願いを出しましょう。転職活動を始めた時点で引継ぎのための準備を密かに進めておくとスムーズです。

 

 同業他社への転職の場合、引き止められる可能性も高いので、「一身上の都合」や「家族の介護」「家業を継ぐため」など、当たり障りのない理由で報告する人も多いようです。

 

 新たなステージへ旅立つためにも、気持ちよく退職しましょう。

 

【関連記事】



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職成功マニュアル おすすめ転職サイト