休職中の転職活動は上手くいかない可能性が高いようです

休職中の転職活動は上手くいかない可能性が高いようです

転職活動しているのに転職できない?

 

 休職中というのは、時間が非常に余っているため、いろいろなことを考えてしまいがち。このまま復職できないのではないか、復職したくない、転職してしまった方がいいのではないだろうか、など、不安や感情の揺れから、本格的に転職を考え始めることも当然あるでしょう。

 

 しかし、転職活動をしている人全てが、その希望を叶えられるとは限りません。特に休職中の人は、いくら転職活動を頑張っても、もしかしたら転職できない可能性すらあるのです。

 

 なぜなら、そこには幾つかの疑問が生じると考えられるから。それをこれから見ていきますが、結論としては、休職中の転職活動はあまりお勧めできるものではないでしょう。

 

集中力が持つか疑問

 

 まず、集中力が持つのか、という疑問が生じます。仕事をしていたが、ワケあって休職状態になってしまったという人が、転職活動を順調に進めていくだけの集中力があるのかどうかは甚だ疑問。

 

 最初はいいかもしれませんが、書類審査や面接で落とされてしまったり、その度に応募書類や面接の対策等で精神を削られたりすれば、次第に自分自身に対して自信もなくなり、それが集中力の欠如へと繋がっていくことは容易に想像できます。

 

 それほど転職活動は大変な作業の連続なので、休職中の人では最後まで突っ走るのが難しいのではないでしょうか。

 

受け入れてもらえるか疑問

 

 もうひとつの疑問、それは、企業に受け入れてもらえるか、というもの。こちらの方がどうやら大きなハードルとなりそうです。

 

 能力があれば企業は受け入れたいと思うでしょう。しかし、例え実績があり資格を有していたとしても、休職中となれば、企業は手放しで歓迎することはできないはずです。企業も人選には失敗したくないわけですから、休職中の人を迎え入れるのには慎重にならざるを得ません。

 

 企業に受け入れてもらえなければ転職は実現しないので、やはり休職者には不利な状況になることは目に見えています。今すぐに転職活動を行うのは、控えるべきという答えを出した方が賢明なのではないでしょうか。

 

 

【関連記事】



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職成功マニュアル おすすめ転職サイト