在職中・退職後のどちらが転職に有利か

在職中・退職後のどちらが転職に有利か

在職中の転職活動

 在職中の転職活動は、経済的基盤があることから精神的に余裕が持てること、履歴書や職務経歴書にブランク欄ができないことから、時間をかけて適職探しをしたいひとには、おすすめの方法です。

 

 ですが、働き盛りの30代は企業研究や応募書類の作成に十分な時間がとりにくい、退職のための準備を並行して進めていないと即入社が条件の求人では不利に働くなどのデメリットもあります。

 

 

退職後の転職活動

 退職後の転職活動は、求人探しや企業研究、応募書類の作成にかける時間を十分に確保できたり、転職に有利なスキルや資格の習得に時間を充てられたり、応募企業の都合に合わせて面接日や入社日の設定ができるといったメリットがあります。

 

 ですが、退職金あるいは失業保険の給付や預貯金の準備などがないと、収入がない状態で転職活動を行うことになるので、なかなか内定が出なかった場合、精神的に追い詰められる事態に陥りかねません。

 

 また、退職日から日を追うごとに、履歴書と職務経歴書のブランク欄が長くなっていくのも、デメリットいえるでしょう。

 

 在職中と退職後、どちらの転職活動が有利かと言えば、自己管理ができるかどうか、ストレスコントロールが得意かどうかによります。自分に合った方法を選択してください。

 

 

【関連記事】

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職成功マニュアル おすすめ転職サイト