よく考えた末に内定辞退を決断したら、注意点を守りながら企業に連絡

よく考えた末に内定辞退を決断したら、注意点を守りながら企業に連絡

時間をかけずに熟考し決断を

 

 内定辞退に関しては、よくよく考えるという作業を飛ばしてはいけません。熟考せずに、「なんとなく嫌だと思ったから」という理由で辞退してしまうのは避けたいところ。

 

 あまり時間をかけることはできませんが、面接の中でのやり取りを思い出し、もう一度調べられる範囲で企業研究を行い、そして自分自身とも会話をしながら最終的な決断を下すようにしましょう。

 

 内定をいくつももらっているから辞退する、というのであればいいのですが、そうではない場合、そこを蹴ると次に内定をもらうまで長い期間活動を続けなければならなくなる可能性も出てきます。そうしたことも考慮しながら、誤った決断をしないように気をつけなければいけません。

 

内定辞退を決意したら連絡を

 

 熟考した上で内定を辞退することを決意したら、あとは企業に連絡を入れてその考えを伝えるだけ。ただ、ここでも時間をかけないように注意することだけは忘れずに。

 

 内定辞退は決断できたものの、企業にそれを伝えるのに抵抗があって何日も連絡できずにいる、というのが一番いけません。企業側は入社してもらうための準備や手続きに入っている可能性もありますし、途中で応募等を打ち切っている可能性もあります。

 

 連絡するまでの時間が長ければ長いほど、相手企業にかける迷惑も大きくなってしまうので、決断したらすぐさま電話で連絡するようにしてください。

 

罵倒されてもグッと我慢

 

 電話で内定辞退の意思を伝えると、本当に稀でしょうが、電話の向こうから罵声が飛んでくることがあります。相手企業も納得がいかず、ついつい怒った口調になってしまうのでしょう。そうした口調ではなかったとしても、あなたのことを馬鹿にするような口ぶりで対応するかもしれません。

 

 そんな時でも、とにかく我慢をしてください。それに付き合う必要はなく、ひたすら謝るのがベストな対応となります。もし相手のペースにこちらも踏み込んでしまえば、あなたが現在勤めている企業や前に勤めていた企業にまで迷惑がかかるかもしれません。穏便に済ませてもらうよう、平謝り状態で対応することが求められます。

 

 

【関連記事】



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職成功マニュアル おすすめ転職サイト