対応にミスがあると転職にも暗雲が?会社からの引き止めを回避しましょう

対応にミスがあると転職にも暗雲が?会社からの引き止めを回避しましょう

引き止めには一切乗らない

 

 転職のために会社を辞めるわけですから、退職する旨を伝えた時に会社から引き止められたとしても、それには一切乗ってはいけません。

 

 転職希望者がよくやってしまう言動でまずいのは、その気もないのにその場を逃れようとし、「もう少し考えてみます」と言ってしまうこと。これは絶対にNGです。本当にその気(会社に残る気)がないなら、どんな引き止められ方をしたとしても、その場で会社に残る意志がないことを伝えなければなりません。

 

 あなたにとって魅力的と思われる条件を出されたとしても、乗らない方が無難。そうした条件は会社に残ったとしても実現しない可能性の方が高いからです。「会社に掛け合ったけど、認めてもらえなかった」などと、上司に言われたらあなたが馬鹿を見るだけ。上司の甘い言葉は信じてはいけないのです。

 

現在の会社で解決可能な理由は述べないこと

 

 会社から引き止めにあった時、それをかわすためには退職する理由を述べた方が確かにいいのかもしれません。しかし、今現在勤めている会社で解決できるような事柄を退職の理由にすることは避けた方がいいでしょう。

 

 一例ですが、「給与が安い」という退職理由は、もしかしたら今の会社でも解決できてしまうかもしれません。「だったら給与を上げてやる」と上司が断言しつつ引き止てきた時、あなたはもうその引き止めから逃れるのが難しくなってしまうはず。

 

 もし退職の理由を告げるのであれば、それは現在勤めている会社では絶対に解決できないもの、実現できないものにしなければならないのです。

 

無視をして相手にしない

 

 何度も引き止めをしてくる会社もあるでしょう。話し合いのための時間を取って欲しいと、しつこく言ってくる上司もいるかもしれません。最初の方は応じていてもいいと思いますが、それがあまりにも続く場合には、もう無視をしてしまってください。

 

 無視と言っても、上司の言葉に何も答えないというわけではなく、「もう決めたことなので」、「前にお伝えした通りです」などと、相手にする気がないことを示せればそれでOKです。

 

 また、仕事に手を抜いてもいいという意味でもありません。引き継ぎなどはしっかりとしながら、しかし引き止めには耳を貸さない。しつこい引き止めに関しては、このようにして相手に諦めてもらう他ないのではないでしょうか。

 

 

【関連記事】



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職成功マニュアル おすすめ転職サイト