30代が途中入社するときの注意点

30代が途中入社するときの注意点

初出社日の印象がよくなるよう心がける

 30代の中途採用者は、即戦力としての成果を期待される反面、既存社員からライバル視される可能性もあります。

 

 一日も早く、自分が仕事をしやすい環境をつくるためには、職場の人間関係を良好に構築することが不可欠ですので、第一印象が少しでもよくなるように準備しておきたいところです。

 

 初出社日は指示があった時間より少し早目に出社する、清潔感のある服装と身だしなみに気を付けてください。そして、初出社日は挨拶を求められることが多いです。

 

 自分の名前と前職、入社の抱負を、1〜2分で話せるように準備しておきましょう。

 

 また、休憩時間の話題提供の意味で、家族構成や出身地、趣味・特技について触れておくのもよいと思います。

 

 

入社3カ月は控えめに行動する

 30代のキャリア採用の場合、自分のスタイルが出来上がっていることも多いので、転職先のルールやシステムでは業務効率が悪いと感じることもあることでしょう。

 

 ですが、実績をあげていない人間が、好意でアドバイスしたとしても、会社への批判として受け止められる可能性があります。

 

 社内で自分のポジションを確立し、実績をあげてから業務推進しても、決して遅くありません。

 

 まずは社内のルールとシステムを覚え、きちんと運用できるようになることに注力しましょう。

 

 

【関連記事】

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職成功マニュアル おすすめ転職サイト