退社前後の手続き

退社前後の手続き

退社の手続きは早めに確認しておく

 いざ退社するとなると、さまざまな事務手続きが発生します。

 

 内々に退社日が決定した時点で、退職までの手続きを人事部に確認しておきましょう。特に事前に対応が必要なものに、お金に絡む手続きがあります。

 

 社内融資を受けている場合、退職日に一括清算しなければなりませんが、給料や退職金で相殺できない額の場合、金融機関から借り入れをしなければなりません。

 

 また、勤務先の提携金融機関でローンを組み、その利息を会社が負担してくれている場合、退職に伴って優遇措置がなくなりますから、支払額が増えたり、書面の取り交わしが必要なこともあります。

 

 財形貯蓄制度も、転職先で継続できなければ、解約手続きが必要です。こうした事前に準備が必要な手続きがないかどうか、しっかり確認しておきましょう。

 

 

退社当日の手続き

 退社当日に行う手続きは、会社に返却すべきものを返し、受け取るべき書類を確実にもらうのが基本です。

 

 ここで考慮しておくべきなのが、健康保険と年金、失業保険の手続きをどうするかです。

 

 退社日から次の出社までに間がない場合は、特に問題はありませんが、基本的には国民健康保険と国民年金への切り替え手続きが必要です。

 

 失業保険も、自己都合の場合は待機期間がありますので、すぐに手続きすることをおすすめします。

 

 

【関連記事】

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職成功マニュアル おすすめ転職サイト