30代は円満退職を目指そう

30代は円満退職を目指そう

円満退職を目指すべき理由

 仕事は、自分一人の力で成り立っているわけではありません。

 

 会社という後ろ盾があり、サポートしてくれる仲間がいてこそ、成立するものです。

 

 会社の中堅を担う30代が退職するということは、勤務先には大きな痛手です。

 

 縁あってお世話になった会社に対して礼を尽くすことは、人脈をつくるうえでは絶対に欠かしてはならないことです。

 

 転職した後も、かつての勤務先と良好な関係を維持し、未来の仕事に悪影響を及ぼすことがないように、しっかり退職計画をたて、失礼がないように実践しましょう。

 

 

退職スケジュールをたてて遂行する

 30代が退職する場合、業務の引き継ぎに時間が必要です。

 

 転職活動をスタートする時点で、退職日が勤務先の繁忙期や決算期にあたらないように、計画をたてましょう。

 

 また、就業規則に「退職日の1カ月前までに、退職届を提出すること」とあったとしても、この日程は社内で退職をオープンにする目安の日程でしかありません。

 

 それ以前に、後任者の選定や引き継ぎの段取り確認、必要な日数の調整を、直属の上司とともに考えておく必要がありますので、退職希望日から

 

 2〜3カ月前には、退職の意向を伝えておくべきです。引き継ぎ用のマニュアル作成など、自分でできることは、こっそり始めておきましょう。

 

 

【関連記事】

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 転職成功マニュアル おすすめ転職サイト